ミニ門松作り

2017年12月26日 火曜日 - Akiko - 0 - 地域イベント 自然

私の実家では正月飾りは水回りと玄関、鏡餅は飾られていましたが門松🎍は飾られていませんでした。はて、門松って作れるの?

とりあえず、南天があったら持ってきてね。と言われたので南天持っていざ。まず、細めの竹を片方だけ斜めに切って短い棒を3本作ります。高さを大中小にしても良いですし、長めのを2本、短めのを1本でも良いそうです。ただ、斜めにノコギリで切る時に節のところでうまく切ると大口を開けて笑っているような「笑い竹」になるというのです。こんな風です。私はこれほど綺麗に切れなくて断念(涙)

『笑う門には福来る』の由来は門松からなんだそうです。でもカオナシにも見えるのは私だけかな⁉️…とブツブツ言いながらそれぞれのミニ門松作りは進みまして。みんなの作品をズラ~ッと並べてみたら、すごい、なかなかの出来ではないか⁉️

稲穂や松、南天に笑い竹。縁起物ばかりで福の神しか来ない気がしてきました✨😍(単純)

長男は上機嫌で小学校へ持って行きました。いやいやしかし、40才越えても知らないことばかり。私、本当に日本に暮らしてたのかな⁉️と疑うほど色々なことを知らないことにショック😨

「門松、年明けにすぐ燃やしちゃうの、なんだかもったいないなぁ」と夫はつぶやいてました。

作業終了後、お茶とお菓子を頂きながら森林資源についての勉強になるお話を聞いて帰宅しました。もっと森林産業は発展して欲しいな。

The following two tabs change content below.
Akiko

Akiko

2年前に伊那市に家族で移住して来ました。新山のこと、ふだんの生活のことなどを書こうと思います。
Akiko

最新記事 by Akiko (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です